後退した生え際を発毛させるためには長い道のりが必要

人は目と目を見て会話をしますよね。対面をして話すわけですから生え際が後退をしているとどうしても目が入ってしまいますよね。

印象を左右する生え際のため頭頂部よりも生え際を気にする人も多いです。なんとか後退をしてきた生え際を対処したいと思っている方に対処方法を紹介していきます。

まず生え際というのは頭頂部の発毛よりも難しいということを覚えておいて欲しいです。

少しでも後退を遅らせるための対処方法を紹介していきます。

生え際を生やすのが難しい理由

正しいヘアケアをすることが大前提であり、長期間のヘアケアが必要です。生え際は放置をしていけば進行するばかりですので気をつけるようにしましょう。

顔の皮膚に近い

生え際というのは顔の皮膚に近い場所ですよね。

そのため顔の表情の影響を受けやすいと言われています。顔の表情が緊張すれば頭皮も固くなりますし、血行が悪くなります。

また顔を洗う時に乱暴に擦ったりしたり、髪を乾かす時も集中して乾かしてしまって乾燥させたりしてしまって栄養を蒸発させやすくなるため発毛がしづらいのです。

血管が少ない

生え際は頭頂部や後頭部と比べると血管が少ない場所になります。血管は血液の中にある栄養が運ばれるわけです。

生え際はそもそもが血管が少ないので血行が悪くなるとすぐに栄養不足になってしまいます。

栄養不足になった部分の髪の毛は細く薄くなっていきすぐに弱ってしまい発毛しにくいのです。

5αリダクターゼが多い

AGAを発症すると前頭部と頭頂部にその症状が現れます。

AGAの原因物質でジヒデロテストステロン(DHT)が生成されるのには5αリダクターゼが影響していて5αリダクターゼによってジヒデロテストステロン(DHT)が生成されると言われています。

生え際は特にこの5αリクターゼ画多くあり、実に頭頂部の約2倍もあると言われています。

これによって孟母細胞の増殖が抑えられてしまって髪の毛の成長が止まってしまうのです。

生え際は後退してしまったらもう手遅れ?

よく言われているのが完全に後退してしまった生え際は復活しないということですが、産毛が残っていたら発毛させたり、強く太く育毛させることは出来ます。

薄く細いので見つけられなくても意外と産毛は残っていることが多いです。

ただし、先ほども言ったように生え際というのはなかなか復活しづらく効果も出にくいのでまずは後退させないための日頃の育毛ヘアケアがとても重要になってきます。

方法としては有効成分フィナステリドが配合された内服薬と、有効成分ミノキシジルが配合されている外用薬を使用したAGAの基本の治療を行うことが大切です。

これはAGA治療専門の病院でも行われている基本的なことであり、病院に通ったから劇的に早く効果が現れるというものではなくて長い時間をかけて継続して行うことがとても大切になってきます。

とにかく生え際は後退させない!気になるのであれば今から育毛をして正しいヘアケア・マッサージを行うことが大切です。

生え際を復活させる為に

人の印象を大きく変える生え際は多くの人が気になる部分ですよね。

だからこそ手遅れになる前に早めの対処方法が必要になってきます。

後悔しても産毛も無くなった状態になればもう取り返しがつきませんのでまずは日頃から頭皮をマッサージしたり頭皮環境を整えるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする